「半分の月がのぼる空」10月に実写ドラマ化されます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲマ公認大会。
エキスパンション1環境最後の大会。大いに盛り上がるかと思いきや、なんと参加者は7人。普通なら確定3回戦だがそれではつまらないということで4回戦へ変更。しかし、それが原因で恐ろしいことが起こるとはこのときまだ誰も考えもしなかった・・・。
参加デッキ 赤タッチ黒

1回戦 黒単 千里さん ×× 0点
はい、一回戦から千里さんとか幸先悪すぎです。千里さんとは大会開始前に何度か回したので所々フリーと混ざっているかもしれません。
1本目 ユニットを並べていき、早いターンに館を張れた、はず。相手も館を張るが、隙を突いて並べてあったユニットを敵軍まで移動、爆破工作で館を爆破しました。ですがティラノス2体がどうにもならなく負け。
2本目 ユニットを並べていくが館を引かない。相手は早いターンに館を張るのに成功。だが、油断している隙を突いて敵軍まで進軍、爆破工作で館を爆破しました。ですがティラノス2体がどうにもならなく負け。
結果は負けでしたが、北海道最凶の黒単使い千里さんの操る黒単の呪われた館を爆破工作で二度も割ることが出来たというエキスパンション1環境最高の思い出を作ることが出来ました。千里さん有難う御座います。

2回戦 不戦勝 6点
暇だったんで半月1巻2巻購入。何か間違っている気もしますが。

3回戦 緑単 ×○ 9点
一本目 相手が微妙に大きいユニットをどんどん並べていき中央を制圧される。流れを取り戻すことが出来なく負け。
2本目 またもや微妙に大きなユニットを展開されるが、全軍突撃でアドを取っていき勝利。

4戦目に入る前に悲劇が起きた。最下位が不戦勝になるのだが下位三名が不戦勝を経験していた。ということで上位4名から不戦勝が発生し、上位vs下位というマッチングになるということが明らかになった。なんか書いててそれほど恐ろしくもない気がしてきました。気を取り直して4戦目。

4戦目 青黒 ○○ 15点
月夜魔女からティラノスなどに変身するのが基本コンセプトのようです。
1本目 ユニットを展開するが3コスユニットに破壊され相手がアドを取る展開。だが館を張り相手のハンドが0に。このまま微妙に進んでいき、此方デッキ6枚、相手デッキ五枚の時にバーン光臨。相手のターン防ぎきり、雲丹なのにライブラリーアウトで勝つとか言う何か間違った方法で勝利。 
2本目 ユニット展開するとレインで除去。今回は館を張ることが出来なかったが、プランからユニットを大量展開をする。相手も負けずに門→魔女→ティラノス移動で4点入る。なんとか除去し少しずつ此方のペースに。最後の詰めでプランから2連門という脅威の引きをし勝利。

15点で最終順位は4位。なんか参加賞をいろいろもらって大会終了。その後エビシーフとバブルフェアリーをトレードししっかりバブルフェアリーを回収。40枚まで後8枚です。で、帰りのJRで半月読みながら帰宅。充実した1日でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。