「半分の月がのぼる空」10月に実写ドラマ化されます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読書感想文。
流れ星が消えないうちに」の感想文です。でも俺には文才がありませんので説明文ぽくなると思います。
続きから読むから登場人物紹介。ネタバレですのでこれから読もうと思ってる人は読まないほうがいいと思います。
登場人物

本山奈緒子
加地君が突然居なくなり、彼との思い出が詰まった自分の部屋で寝ることが出来なくなって半年前から玄関から寝るようになった。大学生。父母妹の4人家族で奈緒子が高校3年のときに父の仕事の関係で3人とも佐賀へ。

加地君
奈緒子の彼氏、だった。1年半前に貧乏旅行で訪れた外国の島で事故にあって死ぬ。死んだとき隣には奈緒子ではない女性がいた。文系。

川嶋巧
現在の奈緒子の彼氏。加地とは高校の文化祭の準備がきっけで出会う。加地が旅先で送った最後の絵葉書を持っていて、奈緒子にはそのことを隠している。理系。

奈緒子の父
仕事のことで母ともめ、奈緒子の所へ家出。奈緒子の少女漫画に感動。

本山絵里
奈緒子の妹。おとなしい。でもその分怒ると凄い。父の様子を見るために奈緒子の所へ。

今日はここまで。続きは明日。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。